Text Size : A A A
|はじめに|今日 new|作品|エミハガキ|eミco|雑記|ポスト|
ついたち~!今年もあと2ヶ月ですかぁ。この辺から加速度ついちゃうんですよネ。
挽回します宣言ももうふさわしくないですねぇ。笑  あきらめず 行きましょう。

そして多摩美芸祭初日~! 早いですねぇ一年。今年も初日から行って参りました~。
Img2a20091101194055
信じられないことに夏日~
何が信じられないって、前にも書きましたけれど
私達の頃の芸祭って ほんっっと寒かったんです。
皆モッコモコにダウン着込んでそれでも震えて、
お酒で体温めてストーブ囲んで、、それぞ芸祭というほど。
芸祭のどの思い出にも、厳しい寒さがセットなんです。
Img3a20091101194055
新図書館前の桐の木を主役に、花がアレンジされていました。 これも展示。
まわりに敷かれたイチョウの葉が、細くなって続いています。
 *多摩美術大学図書館 (Click!)
Img4a20091101194055
桐の木に寄ってみました
Img4b20091101194055
水面の青空に活けられて
桐って、あの桐なんです、箪笥などに使われる。
こんな実がなるんですねぇ。

今日はこちら図書館近くのフリマチェックと
情報デザイン棟・芸術学棟の展示を観ただけ。

中央ステージからはビートルズナンバー。


正門から入って初めに現れる本部棟の前、
水面に揺れる鮮やかな花々が お出迎え。

今年も3日にフリマ出店します!
またしても不要衣類が中心となりそうですが、、
あとエミハガキを少し出せれば、、
ってまだそんな段階!? 笑
芸祭楽しかった~

昨年は三日間かよっちゃって 展示もたくさん観ましたが、
今年は初日にチラと下見、昨日はお休み、今日は朝から夕方までフリマに専念!
というわけで、昨年のようなレポートができません。ごく狭い範囲内です。

だからと言って芸祭熱が下がったのか というと、ほとんど観れないなりに、
いえ観れなかったからこそ! フリマ撤収後の思い入れはメラメラでした。笑
Img2a20091104012422
恒例アドカード
フリマは、準備不足で またも不要品中心でしたが、
Free(無料)コーナーは今年も人気でした。
元々Freeのアドカードがこんな風に喜んでいただけるなら、
セレクトしがいがあるというもの。

そして今回じつは夏のグループ展の時に合同制作した
来年のカレンダー(CDサイズ)を少し置いてみたのですが、
私達世代と思われるご夫婦が目をとめて下さり、
「5つください」とご主人。 思わず、
「多摩美だったんですか?」と伺いました。
カレンダーメンバーのお知り合い?と思って。

「いえ違います。 息子が。」
ご子息が多摩美に入られてご夫婦で芸祭に来られ、
多摩美OB作のカレンダーを5つも買ってくださる、、なんだかジーンとして、
うっかりすると泣きそうで(まさか)、しばらくわざと他の事考えたくらいでした。

同窓生15人で ひと月ずつ(2010.1~2011.3)デザインということに、
やろうって一口に言ってもパワー要ることですよね、と さらっと。
そんなこと思ってくれるなんて~、、あぁもう。

このこと ほんとに嬉しくて、今さら改めて
合同カレンダー作って良かったよネ!と思うとともに、
準備で1時間半しか寝れなかろうとフリマに参加して良かった
こんなことに出会えるなんて と感動してしまいました。
おおげさかもしれないけど。
                                  つづく
昨年のフリマは一人参加でしたが、今年はご近所の方と並んで出店。
他のご近所の方々も手伝ってくださって、使い捨てカイロの差し入れや
煎れたてのコーヒーをポットに入れて持って来てくれたりと、ありがたかったです。
Img2a20091107040622
それにしても、展示や出し物をほとんど観れなかった。
ギリギリになってのフリマ準備のせいです。残念!
来年は、出店以外の二日間は目一杯回るゾ~!
、、もうすでに三日間皆勤の意気込み。笑

5分位店を離れた時にケイタイで撮った
唯一のパフォーマンスがイカの着ぐるみ、、。
左側に図書館。この先の木立の下でフリマです。
さて、心当たりにお声をかけていた中、軟テ(軟式テニス部)の先輩が御来校。
校舎と 学校周囲の景色の、あまりの変貌ぶりに面喰らっておられました。
それから、人出が多く 街の中の大学のように活気があって楽しかったと。

そう、当時はどちらかというと、いえ圧倒的に、多摩美生がほとんどだったのでは。
深い山の中、内輪で盛り上がってる感があったかもしれないです。
それはそれで濃いぃ思い出で、甘く苦く心に焼きついている訳なのですが。

あれから数十年、、山は開かれすっかり見通しのよいキャンパス。きれいな校舎群。
それぞれのスペースを活かした展示、ライヴイベント、模擬店、、
ほんとに充実していますから、様々なお客さまがみえているんですよね。
どなたにも楽しめる芸祭だと思います!(またも 来年の宣伝 )
                           つづく
Img20091114204234
仕事部屋の片付けをしていたら急に部屋が赤く染まって、、見たら この空!
慌ててベランダから1眼デジカメで撮影しました。

おなじみ 橋本の空なのですが、あたりまえですが、毎日毎日まったく別の空です。
何度も驚かされて来ました。
ここに越してくる迄は、こんなに空を観る機会もなかった。

わたしが歳と共に「自然」に目が向くようになったとかでは おそらくなく、
空なんて見るヒマないってこともなくなったからでも たぶんなく、
仕事部屋の南窓いっぱいに空が見えるからだと思います。

東京都に住むようになって数十年、ここに来るまで、
この広さの空が見える所に住んだことなかったってことですね。

昨年4月 雑記初登場の橋本の空 (Click!)
Img2a20091114203525
視線を少し東にずらすと、、

赤みが増し、青い空も垣間見えます。

それがこんなふうに、、、
オーロラみたいに。
見た事ないけど。

明日は! という気持ちになりますネ。笑
「今日」にも書きましたように、今頃感ただよう中、レポート続けます!

そう、今年は展示やライブパフォーマンスがほとんど観れなかったと言いました。
では、お楽しみはフリマだけだったのか!? それだけか?、、
というところに、思いがけずの友人一家*ご登場~。
おかげで、楽しいほろ酔いの最終章を迎えることができました♪

 *建築家 戸田晃氏のホームページ (Click!)
  お仕事の他、自ら設計したお住まいとお庭を巡るご一家の暮らしぶりが素敵です。
 
  彼のブログの11月4日の記事に、わたしもちょこっと登場してます。
  エミ嬢として。笑  (Click!) 
Img2a20091122040141
Img2b20091122040141
熱めの焼酎お湯割りで暖をとりながら、今年も観ました打ち上げ花火。
寒かったので、熱めにとお願いしたのです。濃いめにも言いました。笑

模擬店にいた女の子に、OBですか?と話しかけられたのも嬉しかったなぁ。
たまたま同じ科の後輩OBさんでした。なにやら通じるものがあったのかナ♪
いい大人にしては、芸祭ノリでヘラヘラしてましたしね。
Img3a20091122040141
ほとんど写真撮ってなかったじゃない、と、
帰り際に駐輪場を写してもねぇ、、。笑
やはり今年はあまりレポートになってませんネ。

そこで、最後に、グループ展仲間などに送った
案内図など載せさせていただきまして、
2009年多摩美芸祭のレポートになってないレポート、
シメとさせていただきます。

Img4a20091122040141
「雑記一番上の写真とったところ」とは、
11月1日付「11月スタート!」の一番上の写真のことです。

最後までおつき合いいただき、ありがとうございました。

来年の芸祭をお楽しみに~♪
午前中何もはかどらなかった。外は曇っててうすら寒いし、、ぱっとしない。
Img2a20091129174811
そんなドンヨリな昼下がり。
思いつきで、こんなおやつ。

里芋と熱燗。笑

里芋を1つ、皮ごとザッと洗い、
ラップにくるんで2分チン。
(もっと短かめで良さそう)

ラップを開きつつ乗せたまま、
そのラップでツルリと皮をむきます。

塩少々ふったらできあがり~。

小さい耐熱グラスに日本酒を注ぎ40秒チン。

いやぁ、、たちまちポッカポカ。
ごいっしょにいかが?と言いたくなる
最高に癒される一人おやつでした。
なんだか見覚えあるような器では? 梅の砂糖煮を載せた小皿の色違いです。 (Click!) 


自制心がないから、お菓子を常備しないことにしている我家です。
前にも書きましたが、買わない我慢も自制心のようで、どっち?と思います。

それで、小腹がすいたとか、一服しようと言う時に、パンに手を出すより、と
お芋をチンするという手は、わたしの昔からの密やかな定番です。
古くはジャガイモに始まり、最近は細いさつまいも。カボチャのことも。

思いつきの里芋チンおやつは今日が初めて。

他のお芋の時は、ついバターやマヨネーズなどオイリーな物をつけたくなるけれど、
(つけない時も 食べ終わるまでつけたい気持ちと戦うことに)
里芋は、ネットリ感のおかげで油分を欲さないのかな。無しで満足な美味しさ!
お茶受けにも良いと思うけれど、熱燗にピッタリでした~♪

おやつにアルコール?と思われるかもしれないけれど、
こんなかわいい量で身も心も温まるんだったら、許されると思いませんか?ダメ?

ただ、一杯でやめる ということに、ちょっと自制心が必要です。笑