Text Size : A A A
|はじめに|今日 new|作品|エミハガキ|eミco|雑記|ポスト|
昨年12月9日に、長年愛用の炊飯器がついに使えなくなったお話をしました。 (Click!)
そして、炊飯土鍋 圧力鍋にも惹かれるけれど
注意力不足の私には炊飯器しか、、と見に行ったお話。 (Click!)
あれから2ヶ月半、、、どうしたと思いますか?  

私はホトホト、何につけても、あーでもないこーでもないと悩むタチだと、、。
いや否定形ではなく、あれもありこれもありで決定できない したくない。
圧力IHの炊飯ジャーを研究する内、真空内釜圧力IHの方が更に良いと、、
調べまくり見まくりに疲れた頃、店頭で2回、買いかかりました。笑

炊飯器一つがどれだけのことか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
よく 人生の残り時間を想うたとえに「あと何回 桜が観られるだろうか」といいますよネ。
「あと何回 炊飯器を買えるだろうか」まで考えてしまう。笑
前のが23年近くもったから、あと、今回、次回、、、そう思うと、
心ゆくまで、決めずにいて、あらゆる炊飯生活を思い描いていたいわけです。

気付きました。決められない性格が発端ではあるけれど、いつのまに、
決める迄の思い描きこそが楽しいと思うようになり、
この心理が、ライフスタイルの隅々まで行き渡っているのです。

そのルーツと言える、決められない一番古い記憶は、小学5年生の家庭科のお裁縫箱。
規定の物が決まっていて、ブルー、ピンク、ぞうげ色の3色から選ぶ。
皆はさっさと紙を提出しているのに、悩んだ悩んだ。
ギリギリに提出して帰宅してからも、その選択でよかったのか、悩みに悩み、
翌日、意を決して職員室に行き、深刻な顔で(多分)担任の先生にその胸の内を話し、
「やっぱり、ぞうげ色にしたいのですが、、」と訂正してもらったのでした。
後悔するかもしれないと思うとなかなか決められない と言うと、
「後悔先に立たず」と言われたのを思い出しました。
今の学校問題を思うと、なんてどうでもいい直談判でしょうねぇ。
成績表の所見欄に、目先のことにこだわり過ぎる と書かれました。笑

そこまで迷ったから、今でもその3色の色は実にリアルに覚えています。
そして、そこまで迷って決めた物への愛着は強く、
この色にして良かった~♪と、ほれぼれ眺めながら使っていましたネ。
迷いに迷うけど、決めた後は、大のお気に入り。だいたいこのパターンです。

現在の炊飯生活は、またこんど。
Img20090303142955
自家圧力炊飯タワー
どんな炊飯道具を購入するか研究を続ける一方、
案の定、普通鍋でのご飯炊きが上達しました~!

その場しのぎとは言え、あれこれ工夫し、
試行錯誤を重ねて辿り着いたこの方式。

お鍋は、頂き物の、取っ手の取れるティファール。
フタ代わりに、フキンで包んだPYREXのパイ皿。
その上には、お湯満タンの旧炊飯器内釜。
なかなか愛嬌のある姿でしょう?
Img2a20090303155334

炊き方(約2合の場合の目安) だれも試さないと思うけど 笑

1.旧炊飯器の内釜でお米をとぎ、水加減をしてからお鍋に移す。
  (お鍋で炊くって水加減が面倒でしょう?内釜の目盛りでバッチリ!)

2.ふきんでくるんだパイ皿を乗せ、ググッとフィットさせる。
  (大体のサイズが合ってれば、パイ皿側面の傾斜とふきんで見事に密着!
   ふきんは水滴が落ちないためでしたが、優秀です。)

3.20分程置いたら(10分でも0分でも平気でした)、
  さっきの内釜に水道のお湯をたっぷり入れてパイ皿に乗せ、
  更に何でもいいからフタをして、強火点火!
  (重さによる自家圧力釜! 鍋蓋でなくパイ皿だからの乗せワザ。
   トップの蓋は、少しでも重さを足したい貪欲と、
   内釜のお湯をも使おうという、保温と埃よけ)

4.約5分後、沸騰して隙間から蒸気が勢いよく吹き始めたら、中強火にして6分。
  一旦火を止め7分。弱火で8分。最後に10秒強火で水分を飛ばし火を止める。
  このまま10分蒸らしたら、できあがり!
Img3a20090303142955
一粒一粒がしっかり
Img3b20090303142955
200ccメジャーカップ
私の開発した圧力方式はかなりのもので 笑
お鍋の中がしっかり真空化しているらしく、
パイ皿蓋をこじ開ける感覚が快感です!
ふきんを剥がすと、中身も見え杓文字も置ける蓋に!

炊飯26分+蒸らしで36分。着火は20分未満。
旧炊飯器より早く炊けて、この炊きあがり!
理想と言われるカニ穴もできています!
時間配分は、かなり大雑把でもそれなりに
美味しく炊けるので、もう不安はなく、
今日はどんな感じかナ♪と楽しみです。

この間におかずを作ればいいので、
そばを離れられない問題もクリアです。

形が気に入って10年以上前に購入したものの、
柄付きであることにどうも便利を感じなかった
ステンレス製 柄付きメジャーカップ。
炊飯タワー2階のお湯を、隣のお鍋やフライパンに
ちょこちょこ汲み入れるのにピッタリ!
もう、ずっとこのままでもいいんじゃない?と思うくらいですが、、。
炊飯道具の研究は研究で、次々魅力的な物を知っていくわけです。
                           つづく 笑
Img20090305160432
あり合わせあっさり炒飯
自家圧力炊飯タワー炊きのツヤ粒ご飯は、
カレーライスや丼物にも向くし、
このように炒めご飯にしても、粒がイキイキ。
炒めやすく、全くベチャッとしません。

テフロンのフライパンで、油を引かず、
合挽き肉を炒めながらその油分のみで
玉葱 人参 エリンギ 大根葉を炒め、
水分は酒 みりんで調整、最後に塩、醤油、
ご飯を入れてさっと炒め合わせる。って
書くほどのものじゃなく、失礼しました~。
不老のおまじないのゴマを忘れずに。
こんだけ宣伝しといて、他の炊飯道具に移行しようとしている私。 笑
Img20090312024450
ワールド・ベースボール・クラシック第2回大会! 観てますか~?
私はなかなかエンジンがかからず(応援の 笑)まだ大雑把にしか観てないけれど、
スポーツニュースは、しっかりチェックしています。
先日の負けは残念でしたが、侍ジャパンの実力はこんなものではないですよネ?
原辰徳監督も、波に乗ったらば、ノリノリですから!!
なぜサングラス? かけてないのも描いたんですけどネ、、笑
サングラスでも爽やかな原辰徳!ってことで、許してください。

次は第2ラウンド初戦。日本時間3月16日早朝です。

今日発表された桜の開花予想、東京は3月24日だそう。
これって、WBCの決勝戦の日なんです! いい予感しますネ~♪
Img20090314050452
念入りな二重梱包
Img1b20090314050452
いよいよご対面
長らく研究を続けてきた炊飯道具。

電気炊飯器は、研究のしようがないくらい
多種多様で、私の頭ではついて行けず、
段々気持ちが萎えて来てしまいました。
よくわからないながら電磁波が恐い私。
心臓の、、と注意書きを目にしたことで、
健康でも毎日のこと、と(電子レンジは使うのに)、
にわかにアナログ炊飯に傾倒していきました。

それなら自家圧力炊飯タワーでいいじゃないの
と思われるでしょうが(思わないか)もう遅い。
並行して研究していた炊飯土鍋の世界に
みるみる魅了されていったのでした。
焼物の種類、二重蓋か、形状は、と研究する頭と別に、
心のときめきに訴えて来るのも焼物ならでは。
これだけ長い事考えて、結局最後は、一目惚れ。笑
しかも、手に取って見なければとアンチ通販の私が、
スッと迷わず即決し、初のネットショッピングです!
                     つづく
Img20090319021230
このたび我家にやって来た「Cocer(コセール)ご飯窯」です。
炊飯土鍋も、実にいろいろな物がありました。
価格も、3合用で2千円位から2万円台まで幅広く、
高額な物の説明を読むと、なるほど美味しく炊けるに違いないと思わされますが、
価格やメジャー度からの先入観を持たず、澄んだ心で見て行くと(毎度大げさ)、
だんだん偏見なしの自分の求めるタイプに絞られて行きました。

真っ黒の物が多く、それはそれで白いご飯が引き立つし良いのだけど、
キッチンにたたずむ光景を思うと、白っぽいが白でなく暖かい自然な色がいいなと。
二重蓋は圧力を高め、吹きこぼれも防ぐと言うのですが、わたしには、
吹きこぼれにくい形状の本体に 重さのあるシンプルな蓋、が扱いやすくていいと。

納得して気に入る物に出会いたい、、と探し求めてさまよって来ましたが、
この姿に出会った瞬間ピタッと止まりました。
それは、F.O.B COOPの、オンラインショップ限定の炊飯土鍋でした。
20年以上前の第一次?雑貨ブームの頃からお馴染みの雑貨ショップ、F.O.B COOP。
最初広尾店だけだったのが、ラフォーレ原宿店、後に青山店、、よく行きました。
随分ご無沙汰してる間に、こんなオンラインショップが出来てたんですネ。
この土鍋は実店舗には置いていないという事、送料無料期間だった事、
2000ポイントのサービス等に背中を押されての初ネットショッピングでした。
Img2a20090319021230
BANKOYAKI
F.O.B COOP セレクトということで、
販売元は三重県の4th-marketっていう所らしい。 (Click!)
底の刻印を検索したら、サイトが出てきました。

三重県四日市地方の萬古焼。白、黄、黒と3色揃っています。
私のは白ですが、白とは言えない暖かいアイボリー、、
ぞうげ迄は行かないです。大好きな色。
少し荒い土で、釉薬なしの底はテラコッタ色がかっています。
まだ使っておりません。 キッチンの片隅に置いて、眺めています。
キッチン全体をちゃんと整理整頓して綺麗にしてからデビューさせようかと、、。
すっかり使い慣れた自家圧力炊飯タワーとも、もうすぐお別れなんですネ。
と言っても、WBCみたいに臨時に結束してたのが元のチームに戻るだけです。笑
Img20090322213237
物持ちいい(よかった?)シリーズ
炊飯窯を撮る時 敷いたのは、現ソファカバー(仕事部屋)。元カーテン。
23年前 一人暮らしを始めた時に購入。そう、旧炊飯器と同期です。

ふくら織りというのかナ、模様のある織りの表布と 荒い織りの裏布の二重織りで、
模様に沿ったステッチの どういう技か、キルト風に見えます。
きなりコットンですが、この厚みとテイストなら、透けない上どの季節でも通せる。
当時流行りのカントリーの香りもありつつ、ナチュラルにして甘さ控え目。

狭い部屋を少しでも広く明るく見せ、何にもなじみ 何をも引き立て、飽きない色。 
白、オフホワイト、アイボリー、きなり の、基本無地。 なんだか普通です。笑
でも、この時 身を持ってひねり出したセオリーで、今もインテリアのベースです。
これを押さえておけば、あとから何が来てもしっくり。
引越しを重ねても、家のどこかしらで、すんなり活躍を続けてくれています。

右の薄茶の布は、後に引越して窓の丈が伸びたのに合わせて継ぎ足した裾部分。
引越しの度に、裾上げ裾おろしで調整。 裾内のはぎ合わせは、
本来隠す耳をそのまま突き合わせてジグザグミシン で、フラットにできました。
Img2a20090322213237
裏面がこんなことに、、
引越しても引越してもメインで使っていたのですが、
日焼け 洗濯 経年でどんどん劣化し、裏がボロボロに、、
写真はまだマシな部分で、方々で ほどけた糸の束が
ジャングルのように垂れ下がり、
窓の外から見ると、引いてしまうみすぼらしさ。
こんなになる前に修繕すれば良かったのに。

いつからか、めだたない場所のカーテンになり下がり、
今回とうとう、裏から見なくてすむソファカバーに。笑
Img20090324171617
WBC、日本優勝、やりましたネ~!! 
世界一を決めるBaseballのイクサで桜咲かせました。

9回裏でスンナリと思いきや 追いつかれ、あわや逆転サヨナラのピンチ。
ピッチャー交替!と言っていた私は、やはり短気なのでしょうネ。
延長10回表2アウト2ストライクからあの決定打を打てるイチローは、さすがです。
と私ごときが(まだいくらでも 笑)語りたくなるような、いい決勝戦でした。

このパワーと縁起を分けていただきましょう♪ Good luck!
Img20090326051206
予定より早く桜の開花発表があった日、
近場に出ていましたが、こちらの桜はまだしっかり蕾でした。
それよりコブシが満開で、沢山は見かけないけれど、
いまだに寒々しい風景の中、まばゆい程に白く光っていました。
土曜日に、旧友のバースデーライヴに行って来ました。
早くから自分の道をみつけ、魂を投じ続けて来た人達には、
それが音楽、スポーツ、伝統工芸 … なんの分野であっても、圧倒されますネ。
いまだに(多分これからも)どこか自分探しな私からしたら 、尊敬と憧れです。
Img2a20090330204540
恒例 何着ていこう♪
コンセプトから入る服選び。
ロックで行くか、バースデーで行くか、
知り合った時代に合わせるか、、と、
イメージを巡らせていたら、、、思い出した!
好きな色:緑系  確かブログに そうあった。
で、これに決まり。 出番の少ない鮮やかな緑です。
ビーズの指輪も ソックスも緑系。下はジーンズ。
いいの。誰もわからなくても。笑